« 日司連「新生信託銀行に対する株式会社クレディアに関する貸金債権の信託譲渡の取扱いについての要望書」 | トップページ | 利息制限法金利引下実現全国会議「三重シンポジウム」 »

2007年11月17日 (土)

東京地裁民事20部の国賠訴訟に関する第2回目の口頭弁論

 11月16日11時から、東京地裁627法廷において,東京地裁民事20部の国賠訴訟に関する第2回目の口頭弁論が開かれています。

 準備書面の求釈明(下記のとおり)に対し、被告は原告の主張を全部見てから釈明をするかどうかも判断すると回答していたのですが,裁判官は次回までに,釈明に応答するかどうかの結論を示すように指揮したようです。

「求釈明の内容」
(1)民事20部において行われる即日面接・少額管財のいずれも代理人申立に限るという運用の根拠について
(2)我が国の法律において、破産申立が受理される要件として弁護士の選任が必要であるのか否か

※次回期日 平成20年1月25日(金)午前10時から 東京地裁627法廷

 ご注目ください!

 詳細はこちらから。

 http://blogs.yahoo.co.jp/gokankazuhiro

|

« 日司連「新生信託銀行に対する株式会社クレディアに関する貸金債権の信託譲渡の取扱いについての要望書」 | トップページ | 利息制限法金利引下実現全国会議「三重シンポジウム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/17098605

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地裁民事20部の国賠訴訟に関する第2回目の口頭弁論:

« 日司連「新生信託銀行に対する株式会社クレディアに関する貸金債権の信託譲渡の取扱いについての要望書」 | トップページ | 利息制限法金利引下実現全国会議「三重シンポジウム」 »