« 日弁連「第50回人権擁護大会」In浜松 | トップページ | クレディア民事再生に関して学んでいる資産流動化についての参考文献 »

2007年11月 4日 (日)

「クレディア民事再生申立に関する諸問題」⑫

 3つめのオフバランス(事業運営に活用している資産・負債でありながらも、貸借対照表に計上されないもの)であります。そもそも何故バランスシート(貸借対照表)に計上されなくてもいいのか、仮に良いとしても、そんなものはまやかしに過ぎないのではないかという素朴な疑問が消えることはないのですが・・・・

 いずれにせよ、貸借対照表に計上されないということになれば、資産の圧縮が可能となり、自己資本比率の向上や総資産利益率の向上に資する・・・ということのようです。

 また、株価を高水準に維持するためにも、この資産の圧縮が不可欠のようでして・・・うーむ。

|

« 日弁連「第50回人権擁護大会」In浜松 | トップページ | クレディア民事再生に関して学んでいる資産流動化についての参考文献 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/16935426

この記事へのトラックバック一覧です: 「クレディア民事再生申立に関する諸問題」⑫:

« 日弁連「第50回人権擁護大会」In浜松 | トップページ | クレディア民事再生に関して学んでいる資産流動化についての参考文献 »