« 東京地裁前にてビラ撒き行動!クレディア民事再生事件について | トップページ | 日司連「オンライン登記申請の登録免許税が軽減されます。」(お知らせ) »

2007年11月27日 (火)

最高裁前ビラ撒き行動!そして傍聴。充当問題

 東京地裁前におけるビラ撒き行動を終え、最高裁前に移動。今度は、11月26日当日に開かれる、対クークローン訴訟の口頭弁論に関してのものです。呼びかけ人は、私のボス、茆原正道弁護士らです。

 原判決は、名古屋高裁平成18年10月6日判決であり、論点は、途中完済・当然充当のみということであります。平成7年7月に完済して10年6月再借入れ(空白期間2年11か月)という事案です。

 ご案内のとおり、最高裁は、H19.2.13、H19.6.7、H19.7.19と本年に入って、3つ充当に関する判決を下していますが、いわゆるリボ払方式のサラ金に関する判決については、これが初めてということもあり、極めて重要なものであります。

 傍聴させていただいた弁論では、上告人であるクオークローンの代理人は弁論をせず、被上告人である債務者代理人の、茆原洋子弁護士、瀧康暢弁護士、呉東正彦弁護士、北村栄弁護士が実に心のこもった熱い弁論を繰り広げました。裁判官も熱心に聴かれていたと思います。
 
 判決は、平成20年1月18日です。注目してください。 
 

|

« 東京地裁前にてビラ撒き行動!クレディア民事再生事件について | トップページ | 日司連「オンライン登記申請の登録免許税が軽減されます。」(お知らせ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/17194551

この記事へのトラックバック一覧です: 最高裁前ビラ撒き行動!そして傍聴。充当問題:

« 東京地裁前にてビラ撒き行動!クレディア民事再生事件について | トップページ | 日司連「オンライン登記申請の登録免許税が軽減されます。」(お知らせ) »