« 全青司「横浜フォーラム(研修会)『活用しよう! 簡裁代理権』~民事紛争解決の担い手として,司法書士に未来はあるのか~ | トップページ | 平成19年日司連消費者被害救済セミナー »

2007年11月23日 (金)

日司連第2回裁判事務研究委員会

 昨日は、標記委員会です。

 この委員会のやるべきことは、労働事件への対応の徹底強化であり、そのための書籍出版が大きなテーマとなっています。

 既に出版契約を終え、具体的な執筆作業に入っております。委員の皆様におかれましては、本当に、高水準のレベルの議論をしていただき、原稿を惜しげもなく提供していただいております。

 来年夏ごろに出版予定です。ご期待ください!

|

« 全青司「横浜フォーラム(研修会)『活用しよう! 簡裁代理権』~民事紛争解決の担い手として,司法書士に未来はあるのか~ | トップページ | 平成19年日司連消費者被害救済セミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/17152443

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連第2回裁判事務研究委員会:

« 全青司「横浜フォーラム(研修会)『活用しよう! 簡裁代理権』~民事紛争解決の担い手として,司法書士に未来はあるのか~ | トップページ | 平成19年日司連消費者被害救済セミナー »