« 眠る40億円、被害者に 振り込め詐欺救済法案成立へ | トップページ | 日司連「割賦販売法改正」国会議員への要請活動 »

2007年12月13日 (木)

「クレディア民事再生申立に関する諸問題」⑲

 最後の5つ目に指摘されているのが、「信用力の補完措置」であります。

 すなわち、アメリカよりも安全性志向が強いとされる我が国の投資家のために、これまでのABSにおいても、何らかの補完措置が行われているようです。

 代表的なものが、以下の3つとされています。

1.優先・劣後構造

2.外部保証

3.キャッシュ・コラテラル

 クレディアの場合は、まさに1の補完措置がなされているようです。以下、記事を変えて・・・

|

« 眠る40億円、被害者に 振り込め詐欺救済法案成立へ | トップページ | 日司連「割賦販売法改正」国会議員への要請活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/17310139

この記事へのトラックバック一覧です: 「クレディア民事再生申立に関する諸問題」⑲:

« 眠る40億円、被害者に 振り込め詐欺救済法案成立へ | トップページ | 日司連「割賦販売法改正」国会議員への要請活動 »