« 静岡県「割賦販売法の抜本的改正に関する意見書」 | トップページ | 骨抜き改正・改悪は許さない!割賦販売法・特定商取引法に向けた緊急シンポジウム② »

2007年12月21日 (金)

骨抜き改正・改悪は許さない!割賦販売法・特定商取引法に向けた緊急シンポジウム

 昨日は、静岡県司法書士会も参画している、「消費者問題ネットワークしずおか」と「クレサラ被害をなくす県民会議」主催の標記シンポジウムに参加いたしました。

 年末のお忙しい中、会場の静岡県司法書士会館に、120名以上の参加者が集い、実に充実した内容のシンポジウムであったと思います。

 実際にクレジット被害あわれた方の親族の声、そして、その被害者を支援し、既払い金の返還を勝ち取った赤松茂司法書士の解説に始まり、消費生活相談員の方が実際に受けた多額の被害事例の報告・・・・いずれも、まさに実際の事例ということで、会場の参加者は、その被害の深刻さを改めて認識したことと思います。

 山田茂樹司法書士による、経産省案の問題点の指摘も、難しい議論をとても分かりやすく解説していただき、とても勉強になりました。また、この問題の最前線にいらっしゃる、池本誠司弁護士(審議会の委員でもいらっしゃいます)にも駆けつけていただき、今後の運動に寄せる期待を語っていただきました。最後には、日司連の境俊明理事をはじめ、参加団体の皆様から力強い決意表明をいただくことも出来ました。

 来年には法案が作成されることとなります。現在指摘されている問題点をクリアする法案になるよう、今後は、国会議員の先生方へのお願いが活動の中心になることと思われます。私も頑張ります。皆様!ご多忙中、誠に恐縮ではございますが、宜しくお願いします。

 経産省の報告書の問題点については記事を変えて・・・

|

« 静岡県「割賦販売法の抜本的改正に関する意見書」 | トップページ | 骨抜き改正・改悪は許さない!割賦販売法・特定商取引法に向けた緊急シンポジウム② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/17430845

この記事へのトラックバック一覧です: 骨抜き改正・改悪は許さない!割賦販売法・特定商取引法に向けた緊急シンポジウム:

« 静岡県「割賦販売法の抜本的改正に関する意見書」 | トップページ | 骨抜き改正・改悪は許さない!割賦販売法・特定商取引法に向けた緊急シンポジウム② »