« シリーズ~日常業務における雑感 | トップページ | 求められる公共財としての存在 »

2008年2月 4日 (月)

高齢者の消費者被害への対応についての書籍を執筆します。

 このブログでも紹介させていただいている、実践成年後見での連載、事例で学ぶ!消費者被害救済の法律と実践Q&A(本誌をご覧の方はお分かりのとおり、実際に執筆しているのは私ではなく、全国のこの分野に詳しい司法書士の皆様です)が縁で、ある出版社から、標記のテーマでの書籍出版の依頼をいただきました。実にありがたいことです。

 もちろん、私一人では無理ですので、日司連の消費者問題対策部の皆様、そして、成年後見に強い司法書士、高齢者問題に詳しい社会福祉士さんらと共に、この執筆にあたることとなりました。

 昨日は、その編集会議でありましたが、目次案も確定、執筆分担も確定しましたので、あとは、全員でいざ執筆!!!ということになります。

 良いものができそうな予感です。秋には刊行予定です。ご期待ください。

|

« シリーズ~日常業務における雑感 | トップページ | 求められる公共財としての存在 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/17945957

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者の消費者被害への対応についての書籍を執筆します。:

« シリーズ~日常業務における雑感 | トップページ | 求められる公共財としての存在 »