« 第39回全国青年司法書士協議会こうち全国大会 | トップページ | 第41回全国青年司法書士協議会こうち定時総会 »

2008年3月 9日 (日)

第39回全国青年司法書士協議会こうち全国大会②

 基調講演に続いて、パネルディスカッション「原点を探る~司法書士の終わりなき旅」であります。コーディネーターは安河内肇会員(福岡)、パネラーは、日司連副会長の斎木賢二会員、稲本信広副会長、荻原世志成副会長、黒石栄一会員であります。

 以下、印象に残ったコメントをいくつか。

1.制度は後からついてくる。国民の法的需要が制度発展にリンクしてきた唯一の制度が、この司法書士制度である。これまでの法改正は、国の政策という側面というよりも、国民のニーズという側面が強かった。

2.簡裁代理の取得については、規制緩和という波に乗ったという部分もあるが、波に乗るには板が必要。そして、その板はすでに出来ていたのである。

3.司法書士の権限の獲得という視点のみならず、あるべき簡易裁判所を考察するという視点での制度構築が必要。

4.司法書士制度は、上から与えられた制度ではなく、下から積重ねられた制度である。もともとオールマイティの権限を国から与えられた弁護士制度とはそこが違う。では、なぜ弁護士制度と司法書士制度は並存するのか?それは、国民の需要にほかならない。

 その他、各パネラーからのコメントはいずれも興味深く、稲本副会長の経験に基づいた貸金業法改正についての思い・情熱に溢れた発言も実に印象的でありました。

 以下、私の感想です。

 私は、全青司活動を始めてからずっと、各論における実績の積み重ねを最重要課題としてまいりました。今でもそう考えています。しかし、今回の大会のような総論の議論があってこそ、各論の実績も生きてくることは言うまでもないことです。各論の充実、そして、それに裏付された理論による総論の充実こそが、真の制度発展に繋がり、利用者の満足度という視点も満たすものなのではないでしょうか。

|

« 第39回全国青年司法書士協議会こうち全国大会 | トップページ | 第41回全国青年司法書士協議会こうち定時総会 »

コメント

小澤さん こんにちは。
こうち全国大会へのご参加ありがとうございました!
感想を拝見させてもらいましたが,私たちの「想い」がストレートに伝わったようで,心底嬉しく思います。
小澤さんのような方に,このような感想をいただけるとは,嬉しい限りです♪
本当にありがとうございました!!

投稿: なかむら@こうち | 2008年3月10日 (月) 12時58分

本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
高知青年会の益々のご発展を心より祈念するものです。
少し休んでいただいて、また頑張ってくださいね(笑)。いずれまたお会いしましょう。

投稿: 小澤吉徳 | 2008年3月10日 (月) 17時07分

小澤さん こんばんは。
遠路はるばるこうち全国大会へご参加いただき、ありがとうございました。
全国1万8千名の司法書士全員にメッセージを伝えたい、そう思って大会を作り上げてきました。
私達の伝えたいこと、しっかり受け止めていただき、感激しています。
全青司新執行部もどうかよろしくお願いしますm(_ _)m。

今回は本当にありがとうございました!

投稿: 吉本修治 | 2008年3月11日 (火) 22時22分

コメントありがとうございます。今回の高知の大会は、全青司の新たな歴史として残ることでしょう。これからも、新しい司法書士のために、どんどんメッセージを発し続けてください。期待しております。

投稿: 小澤吉徳 | 2008年3月11日 (火) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/40426494

この記事へのトラックバック一覧です: 第39回全国青年司法書士協議会こうち全国大会②:

« 第39回全国青年司法書士協議会こうち全国大会 | トップページ | 第41回全国青年司法書士協議会こうち定時総会 »