« 法テラス 法的トラブル最新情報 | トップページ | 反貧困フェスタ2008 ― 貧困をどう伝えるか ― »

2008年3月24日 (月)

LEC静岡校における「司法書士実務家講演会」~後輩司法書士を法律家としてきちんと育てることこそが司法書士制度発展の要~

 静岡県司法書士会の本会通信に寄稿した駄文です。ご笑覧ください。

 平成20年2月24日(日)、LEC静岡校において開催された「司法書士実務家講演会」第2回目に、講師として派遣され、1時間ほどお話をする機会に恵まれた。
 対象は、これから司法書士資格を目指すことを考えている方々である。 

日程と演目
第1回 2月17日(日)14:00~15:00
『法廷に立つ司法書士』 講演:山田茂樹 先生
第2回 2月24日(日)14:00~15:00
『多重債務問題を解決する司法書士』 講演:小澤吉徳 先生
第3回 3月2日(日)14:00~15:00
『成年後見業務の魅力と将来性』 講演:西川浩之 先生/市川あかね 先生

 多重債務問題をテーマに講演することは、近時、また増えており、とてもありがたいことだと思っているが、これからの司法書士界の担い手を相手に講義するときほど力が入ることはない(もちろん、既存会員や、地方公共団体の相談員、金融機関などを対象とした講演であっても、全力を尽くしているつもりだが)。
 関東ブロックで開催されている新人研修や全青司が主催する合格者フォーラムなどがその典型であるが、今回の企画も実に良いものだと思う。

 司法書士制度のさらなる発展のためには、若く、エネルギーに溢れ、何事も面倒くさがらず、知的好奇心が旺盛で、行動力がある会員が不可欠であることは言うまでもない。制度を動かすのは、紛れもなく、1人1人の司法書士であり、その熱意と行動力によってのみ制度発展は成し得るものと確信している。そして、熱意のある会員の獲得は、熱意を持った先輩の行動によってしか存在しえないというのも真理である。
 こうした確信から、私は、特に若手会員を対象とした講演会は、積極的に受け、全力で講義している。幸い、ほとんどの講義で多くの聴講者にその熱意は伝わっているようで、講義後の懇親会などでも質問をされることが多い。実にありがたいことだと思う。

 ところで、以前、全国の仲間からこう問われたことがある。「自分のノウハウを無償で提供することについての矛盾を感じませんか?」と。つまり、業務のノウハウは、秘匿し、自身の稼ぎにするのが普通の司法書士感覚である・・・ということを言いたかったのだろうと思う。
 残念ながら?私は、これまで、そのように考えたことは一度もない。多くの素晴らしい先輩(弁護士を含む)から得たノウハウ、また、それらを参考に自ら得たノウハウについて、機会があるたびに、今後も情報発信をしていきたいと思っている。それが法律家の一つの役割だと確信しているからである。後輩にノウハウを伝承できない法律家など発展のしようがないではないか!

「国民に目を向けない専門家は滅びる」という名言があり、全く同感であるが、同様に、「後輩を育てることができない法律家も滅びる」そう考えている。
「司法書士って面白そう」「やりがいがありそう」「いろいろできるんだ」まずはそう思っていただきたい。
 Web上の掲示板には、若手司法書士のルーティン化した登記業務の奪い合い(ダンピングの激化など)や、過払い事件のみを受任するフリーライド(他人のノウハウのみに依存する)の債務整理専門司法書士の存在、特定の仕事しか受任しない事務所に雇用された勤務司法書士の愚痴、あるいは、弁護士大増員による登記業務への参入といった現状から、司法書士資格の将来性に対する批判などが多く書き込まれている。
 そのようなコメントに接するたびに寂しい気持ちになり、若く優れた人材がそんな職業を目指そうと思うはずがない・・・・と絶望に近い感想を持ってしまう。
 しかし、と同時に「それだけが司法書士の世界ではない!」というエネルギーが身体の奥底から湧き上がってくる。
 新人研修の講師を務めることは、自身の「司法書士としての生き方」を再確認できる、極めて重要で有意義な時間なのである。是非、皆様にもお薦めしたい。

|

« 法テラス 法的トラブル最新情報 | トップページ | 反貧困フェスタ2008 ― 貧困をどう伝えるか ― »

コメント

ご無沙汰しております。

こんなわたくしめも中ブロ新人研修で講師陣の端っこに加えてもらっています。まだまだ経験不足で、伝えたいことの半分も伝えられていないように思いながらですが、講師やってます。

今年は小澤事務所のスタッフの方が受講されてましたよね。お話させていただきましたが、いろんなことを勉強していこう!っていう意欲のある方に見えました。小澤さんの下にいると、自然とそうなるんでしょうね~。

愛知にもあんな元気な女性が増えることを願っているのですが・・・。

投稿: 奥村倫子 | 2008年3月25日 (火) 10時10分

ご無沙汰ですね。元気ですか?研修生からも聞いておりましたよ。頑張っていらっしゃるようですね。奥村さんを筆頭に、愛知にもたくさん元気な女性司法書士いるじゃないですか。○○さんとか、○○さんとか。

投稿: 小澤吉徳 | 2008年3月26日 (水) 11時54分

○○さんとか○○さんに比べたら私なんぞ、まだまだです~(笑)。

投稿: 奥村倫子 | 2008年3月27日 (木) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/40616513

この記事へのトラックバック一覧です: LEC静岡校における「司法書士実務家講演会」~後輩司法書士を法律家としてきちんと育てることこそが司法書士制度発展の要~:

« 法テラス 法的トラブル最新情報 | トップページ | 反貧困フェスタ2008 ― 貧困をどう伝えるか ― »