« シリーズ~日常業務における雑感④ | トップページ | 東京地方裁判所破産部の「運用」の是非を問う~司法行政文書の開示請求に関する国家賠償請求訴訟の軌跡~第2巻 »

2008年3月12日 (水)

2007年度消費者問題ネットワークしずおか第4回幹事会

 昨日は、標記会議でありました。

 冒頭の勉強会においては、構成メンバーである、財団法人静岡県福祉基金協会の事業についてのご説明をいただきました。

 福祉業団体の活動基盤を支援するために事業活動を行うということであり、福祉事業団体に共通する目的は、「社会福祉」の創造ということであります。

 さて、ネットワーク本体の活動ですが、中央において、消費者行政が大きく変わろうとしている現在、その動きを見ながら、地方においても、きちんと現場の声を伝えなければならないでしょうし、柔軟な対応が求められてくると思われます。

 当ネットワークとしての具体的な大きな課題となってくるでしょう・・・(汗)

|

« シリーズ~日常業務における雑感④ | トップページ | 東京地方裁判所破産部の「運用」の是非を問う~司法行政文書の開示請求に関する国家賠償請求訴訟の軌跡~第2巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/40464480

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年度消費者問題ネットワークしずおか第4回幹事会:

« シリーズ~日常業務における雑感④ | トップページ | 東京地方裁判所破産部の「運用」の是非を問う~司法行政文書の開示請求に関する国家賠償請求訴訟の軌跡~第2巻 »