« 利息制限法金利引下実現全国会議第2回定時総会 | トップページ | 悪質商法収益を没収、被害者救済 政府が方針 »

2008年3月 2日 (日)

『宮崎シンポジウム~多重債務被害のない地域社会を目指して~』

 総会に引き続き、標記シンポであります。

 よくよく考えてみますと、宮崎に来るのは、全青司の宮崎大会以来。私事で恐縮ですが、全青司会長に就任した地でありまして、因縁浅からぬ・・・・ところと言えましょうか・・・今回も地元宮崎の皆様には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。心より御礼申し上げたいと思います。

 今回のシンポは、行政の多重債務対策の充実を求める全国会議との共催ということで、素晴らしい行政の方々の活動に触れることができました。やはり、全国は広い!行政の立場で、多重債務問題を真剣に考え、実に中身の濃い活動を日々されている方々はまだまだ存在しています。実に勇気付けられました。

 http://yoshinori.cocolog-nifty.com/zakkan/2008/02/post_42c3.html

 行政の立場としては、専門家との連携は必須とはいえ、「あの法律家は大丈夫か?」という不安は少なくないようです。そのとおりでしょうね。実際、相談費用だけ取られて叱られた・・・と戻ってくる事例も少なくないようです。司法書士として、真摯に受け止め改善すべき点でしょう(もちろん、当事務所では、そのようなことはございませんので念のため)。

 ご後援いただいた宮崎県への報告書を作成しなければなりませんので、ついでに詳細として、ここにもアップしたいと思います。まずは取り急ぎ。

|

« 利息制限法金利引下実現全国会議第2回定時総会 | トップページ | 悪質商法収益を没収、被害者救済 政府が方針 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/40325337

この記事へのトラックバック一覧です: 『宮崎シンポジウム~多重債務被害のない地域社会を目指して~』:

« 利息制限法金利引下実現全国会議第2回定時総会 | トップページ | 悪質商法収益を没収、被害者救済 政府が方針 »