« 司法書士の新人研修に思う② | トップページ | 「消費者庁」来年度に創設方針 政府が今秋、法案提出 »

2008年4月22日 (火)

静岡県司法書士会平成19年度第4回5会合同会議

 昨日は、標記会議であります。

 本会、政連、公嘱、青司協、リーガルの5会間における会議で、5月における本会定時総会の運営、浜松市庁舎玄関外で野宿者女性が心肺機能停止状態となった事態に対する要請についてが協議されています。

 特に後者は、成年後見制度の担い手である司法書士の責務が問われる重いテーマであり、受け皿の拡充はもちろん、制度全体についての将来についても積極的に議論していく必要性を感じているところです。

|

« 司法書士の新人研修に思う② | トップページ | 「消費者庁」来年度に創設方針 政府が今秋、法案提出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/40949059

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県司法書士会平成19年度第4回5会合同会議:

« 司法書士の新人研修に思う② | トップページ | 「消費者庁」来年度に創設方針 政府が今秋、法案提出 »