« 『事務局長日記』 木村達也弁護士 | トップページ | 簡裁訴訟代理等関係業務の手引き~平成20年版~ »

2008年4月11日 (金)

日司連平成20年度第1回会長会①

 昨日から二日間の日程で、標記会議に出席いたしました。

 例によりまして、報告事項、協議事項いずれもてんこ盛りの状態であります(汗)。

 私が担当する分野におきましては、

1.司法書士が取り扱った裁判事例のご提供のお願い

2.アエル民事再生申立への対応へのお願い

3.消費者庁への対応についてのお願い

などをコメントさせていただきました。この場をお借りしまして、改めてお願い申し上げます。

|

« 『事務局長日記』 木村達也弁護士 | トップページ | 簡裁訴訟代理等関係業務の手引き~平成20年版~ »

コメント

横暴な中国人には何も言えない日本の公務員が消費者庁を作るなどあきれはてた!日本の公務員は、何の罪もない新井泉さんを強制的にオリに閉じ込めて食事も睡眠もすべてを奪い取って虐殺している。それでいて彼らだけは残酷な犯罪を誇示しながら栄耀栄華を楽しんでいるのだ。消費者になれた日本の公務員は、長いあいだ夜も昼も二十四時間中新井泉さんを暴行し続けて強制的に新井泉さんの人生も健康も破壊している。いまだに残酷な移動監獄で新井泉さんを破壊し続けたまま、てめえらは平然と新井泉さんからすべてを強奪して代議士どもに取り入っているのだ。こんな残虐な凶悪犯がチベット人を惨殺する中国人になれたのだと自分は暴行虐殺する側に入れてもらって優雅な人生を満喫している。タダで海外旅行をしたりわいろや退職金をたんまりもらっている日本の公務員と取り巻きだけが消費者づらできる日本では、外国の手先になった公務員によって無実のヒトの生命が虫けらのように殺されていくだけだ。こんな最悪の国日本など早くこの世から消してしまわなければならない。

投稿: まきこ | 2008年4月25日 (金) 04時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/40839111

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連平成20年度第1回会長会①:

« 『事務局長日記』 木村達也弁護士 | トップページ | 簡裁訴訟代理等関係業務の手引き~平成20年版~ »