« 講演会「多重債務問題の現状と相談について」 | トップページ | 市税滞納者の金利過払い金 静岡市が4人分回収 »

2008年5月 8日 (木)

平成20年度県民相談員及び担当職員研修会

 午後からの2本目の講演は、標記研修会でありまして、静岡市ではなく静岡県の方になります。また、消費生活に関する相談を受ける皆様とは部署が異なるようで、リクエストは、多重債務問題以外の身近な法律トラブルの解決に向けての指針ということでありました。

 この研修会も、ここ数年、毎年お招きされており、これまでも、いくつかのテーマでお話をさせていただいております。

 今回は、「離婚」「相続」「借地借家」と「多重債務問題」の4つのテーマにて、基本的なところから、実際に私が取り扱った事例を参考に、具体的なお話をさせていただきました。事前に出された質問は、敷金返還に関する最高裁判例の意義、そして、消費者契約法10条により無効とされた「建物の賃貸借契約における自然損耗等について賃借人に原状回復義務を負担させる旨の特約」についてという、極めてハイレベルのものであり(汗)、相談員の皆様の意識と能力の高さを伺い知ることができました。他の質問も非常にレベルが高かったです(汗)。

 その後、県民相談事業についての報告もお聞かせいただく機会に恵まれ、大変参考になりました。今後とも宜しくお願い申し上げます。

|

« 講演会「多重債務問題の現状と相談について」 | トップページ | 市税滞納者の金利過払い金 静岡市が4人分回収 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/41071989

この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年度県民相談員及び担当職員研修会:

« 講演会「多重債務問題の現状と相談について」 | トップページ | 市税滞納者の金利過払い金 静岡市が4人分回収 »