« キッズ・アー・オールライト/ザ・フー | トップページ | 大阪司法書士会「消費者のための消費者行政新組織の実現を求める会長声明」 »

2008年6月16日 (月)

「クレディア再生計画案を考えるシンポ」

 昨日は、地元静岡にて、標記シンポジウムに参加いたしました。

 ご案内のとおり、平成20年5月21日、クレディアの再生計画案が東京地方裁判所に提出されています。その内容を、当初から問題視されていた過払い債権に限定して簡単に紹介しますと、次のとおりです。

1.弁済率40%の一括弁済

2.30万円までの少額債権全額弁済

3.未届け過払い債権についても、請求あり次第同条件で弁済

 これだけですと分かりにくいので、補足しますと、過払い金30万円の方は全額一括弁済がされ、100万円の方は40万円の一括弁済ということになります。つまり、4割か30万円のいずれか多い額ということです。

 今回提出された再生計画案をどのように考えるべきか・・・・これがシンポジウムのテーマであります・・・・

|

« キッズ・アー・オールライト/ザ・フー | トップページ | 大阪司法書士会「消費者のための消費者行政新組織の実現を求める会長声明」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/41539956

この記事へのトラックバック一覧です: 「クレディア再生計画案を考えるシンポ」:

« キッズ・アー・オールライト/ザ・フー | トップページ | 大阪司法書士会「消費者のための消費者行政新組織の実現を求める会長声明」 »