« 日司連第10回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議 | トップページ | 専門職後見人と身上監護 »

2008年6月29日 (日)

第5回東海4県クレサラ問題対策交流集会

 昨日は、浜松で開催された標記交流会に参加してまいりました。

 三重、愛知、岐阜、静岡のクレサラ被害者の会の交流集会であります。

 静岡ふじみの会のメンバーも多数参加しております。

 いまさら私が言うまでもなく、このような当事者の会は極めて重要でして、交流集会でしか聞くことの出来ない話は、非常に貴重であります。もっともっと多くの司法書士に参加していただきたいと常々思っています。

 今回のテーマは、「ヤミ金融対策」であり、私たち司法書士にとっても、最重要課題の一つであることは言うまでもありません。

 集会においては、全国各地にある被害者の会の中でも、最も活発な活動をされている埼玉「夜明けの会」の井口鈴子司法書士、そして、吉田豊樹さんのお話を聞くことができました。ヤミ金融の口座凍結や携帯電話の利用停止申し入れ、告発など、その実践、毅然とした姿勢、とても参考になりました。ありがとうございました。

 6月21日には、「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律」も施行されております。この法律を徹底的に活用することによって、ヤミ金融被害撲滅を図ることについては、是非、被害者の会においても、もっともっと前向きに検討されていいと思います。

|

« 日司連第10回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議 | トップページ | 専門職後見人と身上監護 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/41671311

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回東海4県クレサラ問題対策交流集会:

« 日司連第10回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議 | トップページ | 専門職後見人と身上監護 »