« 初めて聴く洋楽「これだけは押さえたい!定番!⑧」ウィリー・コロン/エル・マロ | トップページ | スタジオ!4 »

2008年8月19日 (火)

司法書士を目指す学生さんとのお話

 「司法書士になりたい」「司法書士に興味がある」という高校生や大学生の方が、話を聴かせてほしいということで、事務所を訪れてくる機会が少なくありません。

 とてもありがたいことですので、時間を調整して、お話をさせていただくわけですが、司法書士の仕事を説明するのは意外に難しいと思います。登記簿を見たことのない方に登記制度を説明することを考えれば、分かっていただけるかと思います。

 一般的には、「司法書士の主な仕事は、大きく分けて3つあります。①不動産の登記関係、②会社の登記関係、③裁判事務関係です。裁判事務関係ですと、一般の民事事件、多重債務事件、成年後見事件などの家事事件・・・・」というように説明するわけですが、退屈させないように説明するのは結構骨が折れるのであります(汗)。

 私の事務所は、①②③のいずれの仕事も取り扱っていますが、他の事務所との比較において、③の裁判事務の取り組みに特徴があると言われていますので(個人的には、他の司法書士事務所の取扱いが①に偏りすぎていると考えていますけれども)、分かりやすさという意味において、③についてお話することが多いわけであります。「街の法律家」というイメージにも合致しますし。

 具体的には、多重債務被害救済に関する事案や、ヤミ金融被害の事案、また、悪質商法被害救済などの消費者被害事件についての取り組みについてお話をさせていただくことが多いです。学生さんには、縁遠い話ではあるかもしれませんが、法律家になった瞬間に相談されると思うからです。

 司法書士という職業に就きたい・・・・そう思ってくれる学生さんが居続けるように、私たち司法書士は頑張っていかなければなりませぬ。魅力のある職業であり続けなければ・・・(汗)

|

« 初めて聴く洋楽「これだけは押さえたい!定番!⑧」ウィリー・コロン/エル・マロ | トップページ | スタジオ!4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/42165829

この記事へのトラックバック一覧です: 司法書士を目指す学生さんとのお話:

« 初めて聴く洋楽「これだけは押さえたい!定番!⑧」ウィリー・コロン/エル・マロ | トップページ | スタジオ!4 »