« 日司連第12回人権委員会 | トップページ | 平成20年9月度静岡県司法書士会常設相談 »

2008年9月19日 (金)

静岡県司法書士会「第二回消費者シリーズ研修」

 昨日は、当会主催の標記研修会の2回目であります。

 行政の方をはじめ、広く、この問題に関係している方々を対象とした研修会であり、多重債務者改善プログラム以前から継続して実施しているものであります。

 今回も会場は満席、この分野の需要の高さを、改めて思い知らされました。

 講義は2つ。宮内豊文会員による「多重債務の背景、任意整理、過払い訴訟の現状」、静岡市債権管理対策課の大場貴之氏による「生活再建を目指す滞納金の回収と多重債務からの解放」であります。

 繰り返しになりますが、多重債務問題の抜本的解決には、本日研修会にご参加いただいた皆様との連携が肝要であることは言うまでもありません。全国の司法書士会におきましても、是非、同様の取り組みをお願いするものであります・・・・

|

« 日司連第12回人権委員会 | トップページ | 平成20年9月度静岡県司法書士会常設相談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/42515186

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県司法書士会「第二回消費者シリーズ研修」:

« 日司連第12回人権委員会 | トップページ | 平成20年9月度静岡県司法書士会常設相談 »