« 利息制限法金利引下実現全国会議『三鷹シンポジウム「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?!~適正金利・制限金利を問う~」』③ | トップページ | 反貧困全国キャラバン2008 静岡 ~人間らしい生活と労働の保障を求めて、つながろう 打ち合わせ② »

2008年9月 8日 (月)

利息制限法金利引下実現全国会議『三鷹シンポジウム「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?!~適正金利・制限金利を問う~」』④

 最後のパネルディスカッションにおいては、これまでの議論を踏まえたうえで、生活を破綻させない金利水準、また、事業を破綻させない金利水準について、具体的にどのように考えるべきなのかを討論しております。

 松山たちばなの会の青野貴美子さんからは、被害者の会において、日々相談を受けている立場から、税理士の柴田昌彦先生からは、税理士の立場から、実に説得力あるご意見が伺えたと思います。

 当会議の会員のアンケート結果を見ても、現行の利息制限法の上限金利は高いという意見が圧倒的であります。もちろん、2%とか3%で融資を受けることが出来る層については問題はないのでしょうが、リスクの高いと考えられる層には、15%、18%という上限での融資になっていますので、これでは、金利負担は極めて大きいといわざるを得ないでしょう。

 当会議としましては、今回のシンポジウムにおける議論をさらに継続し、「生活を破綻することのない金利水準」「事業を破綻することのない金利水準」の具現化を目指していきたいと考えております。変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

|

« 利息制限法金利引下実現全国会議『三鷹シンポジウム「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?!~適正金利・制限金利を問う~」』③ | トップページ | 反貧困全国キャラバン2008 静岡 ~人間らしい生活と労働の保障を求めて、つながろう 打ち合わせ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/42411321

この記事へのトラックバック一覧です: 利息制限法金利引下実現全国会議『三鷹シンポジウム「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?!~適正金利・制限金利を問う~」』④:

« 利息制限法金利引下実現全国会議『三鷹シンポジウム「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?!~適正金利・制限金利を問う~」』③ | トップページ | 反貧困全国キャラバン2008 静岡 ~人間らしい生活と労働の保障を求めて、つながろう 打ち合わせ② »