« 平成20年9月度静岡県司法書士会「当番司法書士」電話相談 | トップページ | 日司連第12回人権委員会 »

2008年9月18日 (木)

日司連第12回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議

 昨日は標記会議であります。

 昨月に開催した全国消費者問題担当者会議にて議論になった、債務整理についての報酬等の取り扱いについても議題となっています。実に悩ましい問題です。

 報酬の自由化に伴い、報酬基準の策定が困難であります一方、極めて高額な報酬、また、報酬の説明不足による依頼人と司法書士の間のトラブルが急増しています。これを何とかしたい・・・というのがスタートなのですが。

 まずは、全国の単位会から、多重債務事案に関する苦情・紛議事例を収集し、分析・検討を加える一方において、執務マニュアルの整備を行う・・・という方向性が確認されています(汗)。

|

« 平成20年9月度静岡県司法書士会「当番司法書士」電話相談 | トップページ | 日司連第12回人権委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/42505847

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連第12回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議:

« 平成20年9月度静岡県司法書士会「当番司法書士」電話相談 | トップページ | 日司連第12回人権委員会 »