« 利息制限法金利引下実現全国会議『出雲シンポジウム「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?~適正金利・制限金利を問う~Vol.2」』のご案内!(再掲) | トップページ | ヤミ金被害者の全国集会 秋田・来月 »

2008年10月28日 (火)

勝手に(笑)司法書士新人研修プログラム案策定!

 このブログでも、新人研修については、いくつか述べさせていただいております。その重要性については今更言うまでもないでしょう。

 http://yoshinori.cocolog-nifty.com/zakkan/2008/05/post_411d.html

 中央研修所の皆様におかれましては、本当に献身的にプログラムを遂行されていることは重々承知しており、心より敬意を表するものですが、もう少し、もう少し、戦略的に、大胆にカリキュラムの変更を検討いただきたい・・・という趣旨で、個人的な見解を記しておこうと思います。

1.まず、「中央研修」「ブロック研修」「配属研修」の趣旨と狙いを明確にする。

 これまでも、それぞれの趣旨は区別されていたのでしょうが、カリキュラムをみますと、若干ブレを感じます。
 どういう法律家になってほしいのか・・・という大きな基本的視点、また、司法書士の仕事のやりがい、可能性を十分に感じてもらえるような研修内容・・・ということを常に意識すべきと思います。

 そのような視点に立てば、「中央研修」においては、①法律家の使命、役割、倫理という分野と、②各分野における最前線の現場という二つに特化すべきと考えています。いずれも司法書士としての・・・という視点を必ず含めることは言うまでもありません。

 端的に申し上げれば、司法書士としての可能性を、様々な分野の最前線で活躍する先輩法律家の言葉で述べてもらう・・・そして、その一方で、法律家の責務をしっかり学んでもらう・・・ということです。

 要件事実論は、特別研修に譲り、ばさっと落としてもいいでしょう。不要と言っているわけではありません。限られた時間ですので、重複は避けるべきです。

 また、条文レベルの研修、古い判例・・・などという講義は不要でしょう。生きた法律。今、このときに問題となっている法律・裁判例を学ぶのが実務家の研修であります(条文・古い判例が不要だと申し上げるつもりはありません。そのような勉強は、各自でやるべきものです。わざわざ集まってやるような話ではないでしょう。)。

 中央研修において書式例の講義は当然不要です。それらはブロック研修または配属研修に譲るべきでしょう。

 続く・・・

|

« 利息制限法金利引下実現全国会議『出雲シンポジウム「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?~適正金利・制限金利を問う~Vol.2」』のご案内!(再掲) | トップページ | ヤミ金被害者の全国集会 秋田・来月 »

コメント

中央研修所の小司です。
研修所での担当は新人研修ではありませんが、興味深く拝読させていただきました。
現行の中央新人研修は、倫理と司法書士制度を中心としたカリキュラムになっていると思います。
小澤さんのおっしゃる「各分野における最前線の現場」という視点は良いと思いました。それとは少し違いますが、数年前から「市民の中へ」という講義があり、司法書士の枠にとらわれない活動をしている司法書士の声を伝える講義となっています。実は、受講生にはこの講義がとても好評なんです。
では、続きを楽しみにしています。

投稿: 小司隆信 | 2008年10月29日 (水) 09時01分

ご無沙汰しております。

丁度、先週全国研修担当者会議があったところですが、中央にしてもブロックにしても単位会にしてもそれぞれ「良い研修を!」という思いをもって企画・実施してますよね。
それぞれの思いをうまく連携していければ、もっといいものになるんだろうなぁと思います。

中部ブロックでは新人の方には講師が実体験を含め、生の言葉でいろいろ語ってもらえる講義が好評です。

ちなみに、今年の中部ブロックはそういう講師陣を集め、いつにも増して豪華キャストになったのではないかなぁと思っております(私も名前入ってますが、私は除く…)。

最終合格発表を控え、受け入れる側もいよいよ本格稼働しなければいけませんね。

投稿: 奥村倫子 | 2008年10月29日 (水) 18時21分

所員のショウジ君。いつもお疲れ様です。市民の・・・は好評だと私も聞いています。さて、私のこの視点、真剣に議論してほしいなあ。是非ともお願いいたします。変革を!!

投稿: 小澤吉徳 | 2008年10月29日 (水) 22時29分

奥村さん。コメントありがと。ご無沙汰ですね(笑)。
中部ブロックのカリキュラム、楽しみに拝見させていただきます。静岡では既に私斡旋業やってます(笑)

投稿: 小澤吉徳 | 2008年10月29日 (水) 22時31分

小澤さん、こんにちは。
研修案内ではまだ「未定」となってるところがありますが、全部決まりました。私は充実の講師陣だぁと思っております。

今年も斡旋していただいてるんですね、そうなると会場のキャパ大丈夫かなぁ(^_^;)
まぁ、なんとかなりますね、きっと。

投稿: 奥村倫子 | 2008年10月31日 (金) 13時15分

講師陣知りたいですね。是非。斡旋って地元のことですよ。配属先の。会場のキャパって、全青司企画の新人フォーラムのこと?

投稿: 小澤吉徳 | 2008年10月31日 (金) 19時40分

地元の斡旋のことだったんですね。
去年、静岡から中部ブロックに受けに来た方がいたので、そちらの斡旋かと思ってしまいました(^_^;)
今年は愛知の合格者多く、会場キャパ大丈夫かなぁと実行委員としては心配に思っているところだったものですから。

投稿: 奥村倫子 | 2008年11月 3日 (月) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/42915980

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に(笑)司法書士新人研修プログラム案策定!:

« 利息制限法金利引下実現全国会議『出雲シンポジウム「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?~適正金利・制限金利を問う~Vol.2」』のご案内!(再掲) | トップページ | ヤミ金被害者の全国集会 秋田・来月 »