« 旧商工ファンド:被害相談ダイヤル開設 | トップページ | 第28回全国クレ・サラ・商工ローン・ヤミ金被害者交流集会in秋田 »

2008年10月 8日 (水)

静岡支部・清水支部の若手司法書士との懇談

 一昨日、標記の機会に恵まれました。初めてお会いする方もいたり、じっくりお話することは初めての方も少なくなく、実に有意義であったと思います。

 何人かのベテラン司法書士から、現在の司法書士制度を取り巻く状況が語られ、皆、熱心にお聴きいただいていたと思います。私も、それを踏まえた上で、具体的に何をすべきか、という視点から少々個人的意見を述べさせていただいたところであります。いつもこのブログで述べていることばかりではありますが。少しでも心に響いてくれれば・・・・そう祈念するのみであります。

 実は、総じて、司法書士制度に関心が薄い・・・・というように感じまして、少々危機感を感じた次第であります。またしても繰り返しになりますが、自分たちの制度は自分たちで創る・・・これ大原則です。お上から頂戴するものではありません。また、労を惜しむ方には相応の将来しかない・・・これも鉄則です。自らを変え、自らが能動的に動かなければ、変化はなく退化あるのみ・・・これも当然であります。楽な方向ばかり考えず、まずは身近なところで、制度に関わる役職に飛び込んできていただきたい・・・そう改めて感じた次第です。

|

« 旧商工ファンド:被害相談ダイヤル開設 | トップページ | 第28回全国クレ・サラ・商工ローン・ヤミ金被害者交流集会in秋田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/42718203

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡支部・清水支部の若手司法書士との懇談:

« 旧商工ファンド:被害相談ダイヤル開設 | トップページ | 第28回全国クレ・サラ・商工ローン・ヤミ金被害者交流集会in秋田 »