« 事例で学ぶ!消費者被害救済の法律と実践Q&A(実践成年後見)⑩ | トップページ | 商工ローンSFCGを提訴 »

2008年10月31日 (金)

日司連平成20年度第2回会長会

 昨日から一泊の日程にて、標記会長会であります。

 今回は、議事に先立ち、次の2つのお話を聴く機会に恵まれました。

1.本人確認及び記録保存について  日司連顧問 江藤价泰氏
2.消費者庁設置へ向けて  内閣府特命担当大臣消費者行政推進担当 野田聖子氏

 消費者問題担当理事の私としては、野田大臣の司法書士会に対する大きな期待をひしひしと感じ、またまた身の引き締まる思いでありました。
 全国の司法書士の皆様!消費者問題への取り組みを全国規模で質・量とも早急に徹底的に強化する必要があります!ご多忙中、誠に恐縮ではございますが、宜しくお願いします。

 引き続いての報告事項・議事・意見交換はいつもどおりてんこ盛りとなっています(汗)。

 「創立80周年記念事業について」「国際交流室の動き」「司法書士法施行規則の一部を改正する省令案に関する意見募集」「規制改革会議からのヒアリング対応について」「綱紀事件数の推移について」「多重債務者相談強化キャンペーンについて」「人権フォーラム開催について」「裁判事務アンケートについて」「裁判事件例収集について」「書籍出版について(『動産・債権譲渡登記の実務』『個別労働紛争解決支援の実務』『遺言執行者の実務』『新法人法マニュアル』『財産管理マニュアル』)」「特定商取引法改正について」「ADR関連事業について」「日本司法支援センターへの対応について」「司法書士総合相談センター事業推進について」「司法書士会新人研修の実施について」「不動産オンライン申請の状況について」「不動産取引保証制度とデータセンター構想について」「次期司法書士方改正検討事項案について」などなど・・・

|

« 事例で学ぶ!消費者被害救済の法律と実践Q&A(実践成年後見)⑩ | トップページ | 商工ローンSFCGを提訴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/42955619

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連平成20年度第2回会長会:

« 事例で学ぶ!消費者被害救済の法律と実践Q&A(実践成年後見)⑩ | トップページ | 商工ローンSFCGを提訴 »