« 現代 消費者法 創刊号 | トップページ | 消費者金融107社を処分 貸金業協会の監査拒否 »

2008年11月 4日 (火)

利息制限法金利引下実現全国会議出雲シンポジウム『「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?~適正金利・制限金利を問う~Vol.2」』のご案内!(再掲)

 お問い合わせは当職まで!奮ってご参加ください!

利息制限法金利引下実現全国会議
出雲シンポジウム「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?!
~適正金利・制限金利を問う~Vol.2」のご案内

日 時 平成20年11月15日(土)午後1時から5時半(受付開始は12時半)

場 所 ウェルシティー島根 http://www.kjp.or.jp/hp_30/
    〒693-0023 島根県出雲市塩冶有原町2-16
    電話 0853-23-7388/FAX 0853-23-7389

資料代 1000円

後 援 出雲市 全国クレジット・サラ金問題対策協議会、全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会、全国青年司法書士協議会、NPO法人リーガルネットワークしまね、司法書士リーガルエイドしまね、高金利の引下げを求める県民会議ほかを予定

プログラム 

第1部~島根県における多重債務問題~
1.島根県の多重債務問題の現状と課題(仮)  弁護士 國弘正樹
2.島根県における多重債務への取り組み 
高金利の引下げを求める県民会議 代表 大崎康弘
3.劇団リーガルによる「裁判『官』傍聴記~八雲は見た!今裁判所に潜む怪談~」
4.島根地方裁判所松江支部の不当判決への対応  弁護士 茆原洋子

第2部~「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?!~適正金利・制限金利を問う~Vol.2」
1.「利息の制限と適正金利(仮)」       静岡大学教授 鳥畑與一
2.パネル・ディスカッション(仮題 適正金利を考える)
コーディネーター 弁護士 及川智志
パネラー予定 弁護士 茆原正道、税理士 柴田昌彦、静岡大学教授 鳥畑與一等

|

« 現代 消費者法 創刊号 | トップページ | 消費者金融107社を処分 貸金業協会の監査拒否 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/42952384

この記事へのトラックバック一覧です: 利息制限法金利引下実現全国会議出雲シンポジウム『「利息制限法は多重債務者を救済できるのか?~適正金利・制限金利を問う~Vol.2」』のご案内!(再掲):

« 現代 消費者法 創刊号 | トップページ | 消費者金融107社を処分 貸金業協会の監査拒否 »