« 日司連第14回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議 | トップページ | 平成20年12月度法律扶助審査会 »

2008年12月11日 (木)

東京司法書士会『シンポジウム「貧困と法」~貧困問題に法はどう関われるか~』

 奮ってご参加ください。

シンポジウム「貧困と法」
~貧困問題に法はどう関われるか~
http://www.tokyokai.or.jp/doc/news/news081119.pdf

日時 平成20年12月14日(日)14:00~17:00(開場13:30)
場所 日司連ホール

【プログラム】 
第1部 講演
「貧困問題と多重債務問題 司法書士に期待すること」
 湯浅 誠 氏(反貧困ネットワーク事務局長、NPO法人自立生活サポートセンターもやい事務局長ほか)

第2部 パネルディスカッション
「貧困問題に対して法律家は何ができるか」
〈コーディネーター〉
司法書士 野口 雅人 氏(東京司法書士会多重債務問題対策委員会委員長)
〈パネリスト〉
湯浅誠氏
本多良男氏(全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会事務局長、
      金融庁多重債務対策本部有識者会議構成員)
司法書士 力丸 寛 氏(東京司法書士会多重債務問題対策委員会委員)

主催 東京司法書士会
後援 反貧困ネットワーク/全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会
--

|

« 日司連第14回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議 | トップページ | 平成20年12月度法律扶助審査会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/43388189

この記事へのトラックバック一覧です: 東京司法書士会『シンポジウム「貧困と法」~貧困問題に法はどう関われるか~』:

« 日司連第14回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議 | トップページ | 平成20年12月度法律扶助審査会 »