« 第14回消費者問題リレー報告会 消費者法ニュース発行会議主催 | トップページ | 多重債務対策支援講座In静岡 »

2009年1月25日 (日)

全青司 消費者問題シンポジウム「貸金業者破綻後の実務~貸金業者の破綻における現場から~」

 新橋からJRで石川町まで・・・・神奈川県司法書士会で行われている標記シンポにパネラーとして登壇であります。全青司主催のシンポには、ずいぶん久しぶりに参加させていただきました。会員の皆様の関心も高いようで、会場は熱気でむんむん。

 クレディアに続き、アエルが民事再生手続き中、そして、沖縄のライフは解散手続中、オークスは民事再生手続き中、釧路日商連も。また、三和ファイナンスは債権者破産の申立をされています。

 今後もこのような動きは加速していくことでしょう。そのとき、地元で活動している司法書士は何が出来るのか。ここでも司法書士の真価が問われています。

|

« 第14回消費者問題リレー報告会 消費者法ニュース発行会議主催 | トップページ | 多重債務対策支援講座In静岡 »

コメント

> 貸金業者破綻

貸金業者とは高利貸しのサラ金だけではなくて、
銀行というのがもともと貸金業者ですよね。。。

銀行、そして保険屋というユダヤ人が造り出した稼業。

それがアメリカ発で世界規模で破綻し出しているという現実・・・。

今日も副島本と同氏のサイトから考えておりました。

そしてこの時間。。。そろそろ休みます~。

何が言いたいんだか自分でもよく分かりませんが(~_~;)。。。

投稿: トモーノ | 2009年1月26日 (月) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/43839640

この記事へのトラックバック一覧です: 全青司 消費者問題シンポジウム「貸金業者破綻後の実務~貸金業者の破綻における現場から~」:

« 第14回消費者問題リレー報告会 消費者法ニュース発行会議主催 | トップページ | 多重債務対策支援講座In静岡 »