« ヤミ金:高齢者相手に質店で 府警、容疑で2人逮捕--下京 /京都 | トップページ | 第11回多重債務者対策本部有識者会議 議事次第 »

2009年2月 5日 (木)

日司連第15回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議

 昨日は、標記部会でとんぼ返り。

 重要課題が山積であります(大汗)。

 大きく分ければ、

1.多重債務問題の対応

2.改正割賦販売法・改正特定商取引法対応

3.消費者行政一元化対応

 ということになりましょうか。

 1については、対策部で編集している「クレサラ・ヤミ金事件手引き(民事法研究会)」の改訂に加え、広告基準や報酬トラブルへの対応策の検討などが議題となっています。

 2については、まさに本年中に改正法本体が施行予定ということもあって、次年度以降の中心的課題となっていくものと思われます。個人的にも、全国規模で徹底した研修を行い、この分野における受け皿体制の強化を促進すべき!と考えています。そして、それが3への対応に繋がっていく・・・・と。

 

|

« ヤミ金:高齢者相手に質店で 府警、容疑で2人逮捕--下京 /京都 | トップページ | 第11回多重債務者対策本部有識者会議 議事次第 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/43953161

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連第15回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議:

« ヤミ金:高齢者相手に質店で 府警、容疑で2人逮捕--下京 /京都 | トップページ | 第11回多重債務者対策本部有識者会議 議事次第 »