« 法人破産:初の1万件超 申立数、過去最悪…最高裁まとめ | トップページ | 略奪的金融の暴走~金融版新自由主義がもたらしたもの~/鳥畑与一 »

2009年2月10日 (火)

改正貸金業法完全施行を求める集会

 奮ってご参加ください!

     改正貸金業法完全施行を求める集会

と き 平成21年3月7日(土)午後1時から午後4時
ところ 全電通労働会館「全電通ホール」(会場案内図裏面参照)
デモ行進 4時30分から

 いよいよ今年は、改正貸金業法完全施行の正念場です。
 法改正後、政府の多重債務問題改善プログラムが策定され、行政、法律家、市民団体、消費者団体、被害者団体等連携して、その実現に向けて大きな成果を上げているのは確かです。しかし、その一方では、貸金業界は急激な経済不況を理由にマスコミ対策や業界を擁護する学者、政治家への働きかけを活発化させ、完全施行見直しに向けた動きも顕著になっています。
 私たちは絶対にグレーゾーン金利を撤廃し完全施行を勝ち取らなければなりません。貸金業界の欺瞞的論理を粉砕するために、これまでの運動の成果を確認し合わなければなりません。
 2006年3月4日を思い出して下さい。貸金業法改正に向けた大集会です。会場の灘尾ホールには600名を超す人が集まりました。それに端を発して我々の運動が活発になり、抵抗勢力にも屈せず、12月には改正貸金業法を勝ち取りました。
 今年も前述のように貸金業界の風は強く、私たちも油断をしていると吹き飛ばされるかも知れません。私たちの運動は間違ってないことをみんなで確認し、世間へ訴えようではありませんか。多くの参加をお願いします。

集 会 内 容

○貸金業法完全施行に向けての現在の情勢・・・宇都宮健児 弁護士
○多重債務問題改善プログラムの実施状況・・・
○地方自治体における取り組みについて・・・
○セーフティネット融資の現状報告・・・
○ヤミ金の完全撲滅に向けて・・・木村裕二 弁護士
○改正貸金業法完全実施に向けての活動・・・
○現行利息制限法金利でも高い・・・及川弁護士   など

主 催  高金利引き下げ全国連絡会
共 催  中央労福協、全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会・全国ヤミ金融対策会議・行政の多重債務対策の充実を求める全国会議・セーフティネット貸付実現全国会議
利息制限法金利引下実現全国会議
後 援  全国クレジット・サラ金問題対策協議会

|

« 法人破産:初の1万件超 申立数、過去最悪…最高裁まとめ | トップページ | 略奪的金融の暴走~金融版新自由主義がもたらしたもの~/鳥畑与一 »

コメント

多重債務者問題の抜本的解決!などと弁司は騒いでいるが、結局、消費者金融からお金をふんだくるのが目的でしょ?

本来、多重債務に陥っている人間に必要なのは心理的カウンセラーであるのに、大多数の人間が多重債務で苦しみ本来、享べき便益を取り戻すのだーっとシュプレヒコールを上げ、自分たちの強欲を弱者救済という偽善の衣で隠しながら正論ぶった弁司の連中には辟易とする。

不当利得返還請求権をまるで自然権であるかのように、のたまいながら、せっせと着手金を稼ぐ姿は、金貸し以上の守銭奴ぶりである。たしかに救済すべき弱者もいる、そこに議論の余地はない。だが、しかし、その行動は全体最適化を考えてのことか今一度考え直して欲しい部分がある。

貸倒リスクの高い資金需要者は変わらず存在する、その層に誰が資金提供するのか?弁司の連中は国がセーフティーネットを張るべきだと言うが、納税者観点で言うと消費者金融の連中が自らリスクを取って貸し付けているのに、なんでわざわざ国民の血税で金遣いの荒い自己統制出来ない連中を助けなければならないんだ!という気持ちが大いにある。

ヤイヤイ言って金をふんだくり後は知らねぇよという弁司の行動に正義があるのか?と言いたい。資金需要者に対しては、弁司がリスクを取って資金提供しますよと言うのなら賞賛に値するが、そのような行動に出るクレサラ系の弁司は皆無だろう(笑)

市場至上主義者ではないが、現在のところ全体最適化を図る最も効率的な方法は市場機能以外にはない。サブプライムローンの問題で管理社会に傾倒しつつある世界であるが、本質的な問題点は市場機構にあるのではない。

世界から見ても奇異な法律である改正貸金業法は早晩見直しされるだろう。そのタイムリミットまでせっせと稼いでくれたまえ。

投稿: schizoidman_2002 | 2009年2月20日 (金) 10時32分

金利というものは本来、市場に委ねるべきものなんですけどね。利限法の金利が適正金利という根拠はどこにあるんでしょう。その根拠なしに強制着陸させると市場は必ず歪みます。歪んだ市場から叩き出された人たちのセイフティーネットは法曹界が引き受けてくれるんでしょうか?ひょっとして、弱者救済という水戸黄門の印籠を見せつけて私たちの税金でサラ金業者でさえ貸さない連中に低利貸付するんでしょうか?奨学金制度みたいに財政がひっ迫することは目に見えてますよ。

投稿: ひっと | 2009年2月20日 (金) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/43984235

この記事へのトラックバック一覧です: 改正貸金業法完全施行を求める集会:

« 法人破産:初の1万件超 申立数、過去最悪…最高裁まとめ | トップページ | 略奪的金融の暴走~金融版新自由主義がもたらしたもの~/鳥畑与一 »