« 日司連第21回理事会 | トップページ | 弁護士報酬、カード払いダメ 日弁連が容認方針を »

2009年3月20日 (金)

平成20年度静岡県消費者問題連絡会議②~静岡県の期待に応えなければ!!~

 続きです。 

 会議の議事が終了し、最後に一言の場面で、静岡県中部県民生活センター所長より、次のようなお言葉をいただきました。私の報告を受けて・・・ということです。

 司法書士会の消費者問題シリーズの講習は、大変素晴らしい。内容も高度で実務的あり、講習を受けた者からの評判が極めてよい。そこで二点お願いしたい。
1、講義資料を有償配布してほしい。講義を受けられなかった者に分けたい
2、中部だけではなく、東部・西部でも実施していただきたい。

 これ以上の言葉はない・・・というくらい嬉しい言葉でありました。と同時に、この大きな期待にきっちり応えていかなければならない・・・と改めて身が引き締まる思いでありました。

 早速、本会の担当委員会に、伝え、次年度の最優先事業とするよう指示をさせていただいた次第。

 実際、静岡県司法書士会の次年度の事業計画では、改正特定商取引法・割賦販売法への実務対応は最優先課題の一つとさせていただいており、上記の消費者問題シリーズも同様であります。執行部及び担当委員会の皆様の協力を得ながら、静岡県の期待に応えていきたいと考えています。頑張りましょう!!!

|

« 日司連第21回理事会 | トップページ | 弁護士報酬、カード払いダメ 日弁連が容認方針を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/44377562

この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年度静岡県消費者問題連絡会議②~静岡県の期待に応えなければ!!~:

« 日司連第21回理事会 | トップページ | 弁護士報酬、カード払いダメ 日弁連が容認方針を »