« クローズアップ2009:消費者庁、年内誕生 たらい回し解消へ | トップページ | 民法、2011年にも抜本改正へ 法務省、消費者の保護重視 »

2009年4月19日 (日)

静岡県司法書士会 浜松支部 定時総会

 昨日は、標記総会にお招きいただきました。静岡県司法書士会の会長代理として。浜松支部の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

 浜松支部は、日司連をリードする多数の優秀な会員を輩出する、静岡県内最大の支部でもあります。静岡支部はもっともっと頑張らなければいけませんね(汗)

 会長の代理として、概ね次ぎのようなことを挨拶として述べさせていただきました。

「司法書士法の大改正から数年、簡裁代理業務や成年後見業務等において、司法書士は一定の実績を積重ねることができた。画期的な貸金業法改正や特定商取引法等の法改正にも司法書士は一定の貢献をすることができた。静岡県司法書士会について言えば、相談センターにおける常設無料相談において、毎日、多数の多様な法律相談を受け、県民のトラブル解決に一定の貢献をしており、また、調停センターの立ち上げにより、これまで以上のトラブル解決メニューを提示できることとなった。一方において、弁護士大増員に伴い、今後より厳しい時代が到来することは間違いないが、その法的サービスの質・量において、よい意味で競うことが、県民の法的需要を満たすことに繋がっていくことになろう。過日、衆院を通過した消費者庁法案への対応も急務である。身近な法律家としてのさらなる実績つくりのために、共に頑張ってまいりましょう!」

|

« クローズアップ2009:消費者庁、年内誕生 たらい回し解消へ | トップページ | 民法、2011年にも抜本改正へ 法務省、消費者の保護重視 »

コメント

 昨日は遅くまでおつきあいいただきありがとうございました。浜松支部会員一同感激しております。
多重債務者救済を足がかりとしてはじまった司法書士による消費者被害救済の幅を、現在与えられている権限の中で、どの程度まで広げられるのか、その充実のレベルをどの程度まで高められるかが、これからの課題になると思われます。小澤さんのご指導をこれからもよろしくお願いいたします。
 また、本日のふじみの会総会の前の雑談において、増田さん、伴さん、小寺さんと、支部レベルにおいても行政との連携を充実させる必要があるのではないかという話をしてきました。

投稿: 杉山陽一 | 2009年4月19日 (日) 17時03分

杉山前支部長。まずもって4年間のオツトメ本当にお疲れ様でした。そして、次年度は本会でご一緒させてもらえることを、とても楽しみにしております。ご指摘の点は、いずれも全くの同意見でして、本会としても、日司連としても最優先課題だと思っているところです。皆でチカラをあわせて進んで参りましょう!今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 小澤吉徳 | 2009年4月19日 (日) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/44710339

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県司法書士会 浜松支部 定時総会:

« クローズアップ2009:消費者庁、年内誕生 たらい回し解消へ | トップページ | 民法、2011年にも抜本改正へ 法務省、消費者の保護重視 »