« 日司連第13回裁判事務研究委員会 | トップページ | ギャンブル依存症:貧困と多重債務考える 立ち直り体験談も--愛媛大 /愛媛 »

2009年5月23日 (土)

弁護士“CMで反転攻勢へ”

 ご参考。

 http://www.mbs.jp/voice/special/200905/21_20308.shtml

|

« 日司連第13回裁判事務研究委員会 | トップページ | ギャンブル依存症:貧困と多重債務考える 立ち直り体験談も--愛媛大 /愛媛 »

コメント

さわやかなイメージ、かわいい女優、アイドル、動物~これらは昔問題になったサラ金会社のコマーシャルがとりあげていたものです。結局、立場が逆転しただけで、結局消費者(債務者・依頼者)は置き去りということですね・。

投稿: yohichi | 2009年5月26日 (火) 18時02分

ホント。寂しい限りですね・・・なぜ、広告に使うお金を、例えば研修会に出席する費用にしようという発想が生まれないのか・・・寂しい限りです。

投稿: 小澤吉徳 | 2009年5月27日 (水) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/45105193

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士“CMで反転攻勢へ”:

« 日司連第13回裁判事務研究委員会 | トップページ | ギャンブル依存症:貧困と多重債務考える 立ち直り体験談も--愛媛大 /愛媛 »