« 日司連第17回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議 | トップページ | テル・テイル・サインズ/ボブ・ディラン »

2009年5月27日 (水)

消費者機構日本第5回総会記念レセプション

 昨日は、日司連の委員会の後、標記に参加させていただきました。消費者寄稿日本につきまして詳細はこちら。

 http://www.coj.gr.jp/

 理事には東京の大冨直輝司法書士が引き続き就任しております。

 同機構が適格消費者団体の認定を受けて2年。2008年度は、16件の申し入れ、14件の是正を行ったとのことであります。また、差止め請求の対象が、特定商取引法と景品表示法に広がる法改正が行われたことからさらなる活動が期待されています。

 全国には、同機構以外にも多くの適格消費者団体があり、いずれも司法書士は理事等として法律家の責務を果たしております。もちろん、司法書士にとっては、まだまだこれからの分野でありますから、全国の司法書士がもっともっと積極的に関与してくれることを期待するものであります。

|

« 日司連第17回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議 | トップページ | テル・テイル・サインズ/ボブ・ディラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/45141780

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者機構日本第5回総会記念レセプション:

« 日司連第17回多重債務問題対策部・消費者問題研究委員会合同会議 | トップページ | テル・テイル・サインズ/ボブ・ディラン »