« 高金利は社会を破壊する~今こそ、利息制限法上限金利の引下げを!~(再掲) | トップページ | 弁護士“CMで反転攻勢へ” »

2009年5月23日 (土)

日司連第13回裁判事務研究委員会

 昨日は、標記委員会です。

 こちらは、労働分野。「個別労働紛争解決支援の実務」を発刊したメンバーによる、今後のこの分野の充実についての課題検討であります。

 書籍を活用した研修会の全国展開、DVD収録、リーフレットの作成などなど・・・・

 来年度もさらなる充実した活動を期待しております・・・・

 最後になりましたが、委員の皆様におかれましては、書籍の執筆等、本当にご尽力いただきました。皆様の残した成果は、今後の司法書士の執務に関して大きな影響を与えるものと確信しております。ありがとうございました。

|

« 高金利は社会を破壊する~今こそ、利息制限法上限金利の引下げを!~(再掲) | トップページ | 弁護士“CMで反転攻勢へ” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/45091648

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連第13回裁判事務研究委員会:

« 高金利は社会を破壊する~今こそ、利息制限法上限金利の引下げを!~(再掲) | トップページ | 弁護士“CMで反転攻勢へ” »