« 日司連第71回定時総会⑤~理事としての総括~ | トップページ | 日司連第71回定時総会⑦~理事としての総括~最後に »

2009年6月23日 (火)

日司連第71回定時総会⑥~理事としての総括~

 3日に1日。これが理事時代の四谷往復割合です。泊まりもありますが、まあ年間125日くらいということですね。

 ヒラであった私がこの水準でありますから、常任理事などになってしまいますと(笑)、2日に1日ペースではないでしょうか。本当に常任以上の皆様におかれましてはお疲れ様でした。また、新しく就任された皆様におかれましては、2年間の激務、お身体にはくれぐれもご留意いただき、制度のために頑張っていただきたいと思います。

 さて、先にも述べましたとおり、多くの代議員の皆様から、「何故でないの?」「出てると思った」などとお声がけいただきまして、理事冥利につきた?わけですが、「何故出なかった」のかも整理して記しておこうと思います。色々と事情が重なった・・・から出なかったわけですが、主な理由を述べておきたいと思います。

 私は、日司連理事時代も、静岡県司法書士会の副会長をつとめており、相談事業部の担当をしておりました。その他いろいろな任意団体の役職もやらせていただいております。かつて「小澤さんは何人も居るのではないか?」とある仲間から言われたこともある私ですが(笑)、さすがに日司連理事と本会副会長、その他任意団体の役職との兼職と事務所での仕事は簡単とはいえませんでした。静岡県司法書士会やクレサラ対協関係には随分不義理をいたしました。この場をお借りしてお詫び申し上げたいと思います。また、日程的にきついということよりも、落ち着いて勉強できない、研究できない・・・というのがもっときついのであります。

 つまり、例えば、特定商取引法の改正、簡裁代理権の範囲、労働法制、人権問題、消費者行政・・・・そういった極めて重要な一つ一つの問題について、論考を整理する時間がなかなかとれない・・・というのが悲しい事実でありました。どれも薄くなっているなあ・・・と気づくときが一番寂しかったですね。

 こう書きますと、「能力の限界」を露呈した言い訳のように思われてしまいますね。まあ、それも事実ですからやむをえないでしょう。

 しかし、今、重要なのは、もちろん中央に存在して、複数の分野で指針を示していく・・・ということもそうでしょうが、地元において、いくつかの分野に限定してそれに集中して地元から発信し中央に伝え、その最前線の情報・ノウハウを日司連から全国へ伝達してもらう・・・ことなのではないかと考えたのであります。分りにくいかな。代表的なものが、消費者行政一元化問題です。中央にて、単位会に情報発信し、こうしましょう!と呼びかけるよりも、地元において行政の皆様方らとネットワークを組み、法の趣旨に則った最前線のモデル単位会となり、これを中央に伝え、全国へ伝えてもらう・・・こっちの方により大きな意義を感じた・・というわけです。もちろん、中央の役割の重要性を否定するつもりは毛頭ありませんので念のため。

 そのような次第ですので、私の再登板に期待をしていただいた、少数?の代議員の皆様、何卒ご容赦くださいませ。新執行部の理事の皆様が、必ずや私以上の活躍をしてくれると信じていますし、私も応援しています。依頼がありますれば、具体的な支援も可能な限りしていく所存ですし・・・・

|

« 日司連第71回定時総会⑤~理事としての総括~ | トップページ | 日司連第71回定時総会⑦~理事としての総括~最後に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/45398642

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連第71回定時総会⑥~理事としての総括~:

« 日司連第71回定時総会⑤~理事としての総括~ | トップページ | 日司連第71回定時総会⑦~理事としての総括~最後に »