« 民法改正に関する日司連フォーラム「民法改正~『司法書士』からの視点」 | トップページ | 駿河湾を震源とする地震について »

2009年8月10日 (月)

民法改正に関する日司連フォーラム「民法改正~『司法書士』からの視点」②

 続きです。

 基調講演は、「日本民法典財産法改正試案についての解説」 というテーマにて、上智大学法科大学院教授 加藤雅信先生よりお話をいただきました。

 その後のパネル第一部では、コーディネーターを私が務めさせていただき、早稲田大学の山野目教授の概括的な解説の後、いくつかの論点について議論をすることができました。

 取り上げた論点は、「未成年」「意思表示」「時効」の3つです。いずれも単独でも相当の時間が必要な重要論点ですので、正直、時間配分は相当きつかったですが、何とか、いくつかの問題意識は提示できたかな・・・という感じです。

 今後、試案もどんどん精査されていくことと思います。引き続き、アンテナを張り、議論を深め、実務家の視点からの意見をまとめていく必要がありましょう。

|

« 民法改正に関する日司連フォーラム「民法改正~『司法書士』からの視点」 | トップページ | 駿河湾を震源とする地震について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/45875655

この記事へのトラックバック一覧です: 民法改正に関する日司連フォーラム「民法改正~『司法書士』からの視点」②:

« 民法改正に関する日司連フォーラム「民法改正~『司法書士』からの視点」 | トップページ | 駿河湾を震源とする地震について »