« SFCG破綻:債権届け出、3兆円超 大部分が金融機関の違約金 | トップページ | 利息制限法金利引下実現全国会議第23回幹事会 »

2009年10月30日 (金)

平成21年11月度法律扶助審査会

 昨日は標記審査会。

 ここのところ減少気味であった多重債務事案(主として破産)ですが、また増加傾向にあるのでしょうか・・・そんな感じがいたしました。書類作成援助もいつもより多くなっています。過払い事件が減少傾向にあることの証左なのでしょうか。予断は許されませんが・・・

 ただ、いずれにせよ、過払い事件が無くなったとしても、多重債務事件は無くなりません。そのときに、どれだけの司法書士がこの分野に取り組んでいるでしょうか・・・

|

« SFCG破綻:債権届け出、3兆円超 大部分が金融機関の違約金 | トップページ | 利息制限法金利引下実現全国会議第23回幹事会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/46614022

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年11月度法律扶助審査会:

« SFCG破綻:債権届け出、3兆円超 大部分が金融機関の違約金 | トップページ | 利息制限法金利引下実現全国会議第23回幹事会 »