« 静岡県司法書士会平成21年度第4回5会合同会議 | トップページ | 2010年度クレ・サラ対協新年総会 »

2010年1月17日 (日)

「CFJ被害対策全国会議」設立準備会

 昨日は大阪とんぼ返り。まずは、午前中は標記会議に出席してまいりました。他の会議室では、依存症対策ですとか、調停対策、行政との連携など興味深い会議が同時進行しており、どれに参加するか迷います(汗

 昨今、いわゆる任意整理事案において、大手の消費者金融業者が、将来利息をつけないと分割払いの和解に応じないという状況が拡大しています(また、期限の利益喪失後の遅延損害金の強硬な主張)。かつては、ごく限られた一部の強硬な業者のみ、そのような対応をしていましたが、過払い事案が激増したこともあって、このような事態になったものと思われます。

 このような状況が続きますと、任意整理による債務整理そのものが崩壊する恐れがあります。

 この全国会議は、上記のような対応が顕著であるCFJについての対応を検討しようというものであります。また仕事が増えました・・・・(汗

|

« 静岡県司法書士会平成21年度第4回5会合同会議 | トップページ | 2010年度クレ・サラ対協新年総会 »

コメント

被害というなら709条で訴えるつもりでしょうか?
別に違法ではないし、被害というのはおかしいですね。
望ましくない対応だとは思いますが、任意整理は業者の譲歩が前提になっている点で、業者を敵視する運動とは相いれない側面があります。

民事再生、特に異議が出ても大丈夫な給与所得者再生の活用を考える時だと思いますね。

ただ、それができないケースは確かに困ります。
でも債権者は法的権利を実行しているだけなので、被害というのは無理があります。

投稿: namikaze | 2010年3月26日 (金) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/47307002

この記事へのトラックバック一覧です: 「CFJ被害対策全国会議」設立準備会:

« 静岡県司法書士会平成21年度第4回5会合同会議 | トップページ | 2010年度クレ・サラ対協新年総会 »