« 平成22年2月度法律扶助審査会 | トップページ | 静岡県司法書士会静岡支部平成21年度第2回支部研修会 »

2010年2月20日 (土)

日司連「債務整理事件の処理に関する指針」(平成21年12月16日理事会決定)9

(不利益の説明)
第9 債務整理事件の依頼を受けるにあたっては、依頼者に対し、次に掲げるものの他、不利益が発生する可能性がある事項を説明するものとする。
(1)信用情報機関に事故登録される可能性があること
(2)破産の場合には資格制限があること
(3)不動産の所有権を失う可能性があること
(4)自動車等の所有権が留保されている物件の占有を失う可能性があること

|

« 平成22年2月度法律扶助審査会 | トップページ | 静岡県司法書士会静岡支部平成21年度第2回支部研修会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/47538530

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連「債務整理事件の処理に関する指針」(平成21年12月16日理事会決定)9:

« 平成22年2月度法律扶助審査会 | トップページ | 静岡県司法書士会静岡支部平成21年度第2回支部研修会 »