« 日弁連も新対策、広告に費用明示 債務整理の高額報酬 | トップページ | 貸金業法完全施行意見書地方議会請願採択状況11 »

2010年3月 6日 (土)

日司連第7回民事法改正対策部

 昨日は、久しぶりの?四谷とんぼ返りです。

 今回は、まず、第3回法制審の議事録を読み込んだ上で、司法書士実務の観点から、取り上げるべき論点の抽出作業を行いました。

 その後、司法書士実務上、重要な「債権者代位」「危険負担」「解除」「法定利率」「売買」「消費貸借」「第三者のためにする契約等」「委任」「代理」について検討いたしました。

 さらに、司法書士実務に極めて影響を与えると思われる、「債権譲渡」「消費者事件に関連する部分」について議論を深めました。

 

 

|

« 日弁連も新対策、広告に費用明示 債務整理の高額報酬 | トップページ | 貸金業法完全施行意見書地方議会請願採択状況11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/47729517

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連第7回民事法改正対策部:

« 日弁連も新対策、広告に費用明示 債務整理の高額報酬 | トップページ | 貸金業法完全施行意見書地方議会請願採択状況11 »