« 貸金業PTが借り手に配慮した激変緩和措置を検討、借入条件の変更など | トップページ | 熊本シンポジウム「『躓きの石』を取り除き、すべての人が生き易い社会を目指す」決議 »

2010年3月14日 (日)

熊本シンポジウム~生活を破壊する依存症に対策を!生活を破壊しない金利水準を目指す!~安心して暮らせる生き易い社会の実現を目指して~生活を破壊する躓きの石を取り除こう~

 昨日は、標記シンポジウムでありました。

熊本シンポジウム
~生活を破壊する依存症に対策を!生活を破壊しない金利水準を目指す!~安心して暮らせる生き易い社会の実現を目指して~生活を破壊する躓きの石を取り除こう~

日  時:平成22年3月13日(土) 午後12時半から午後6時(予定)
会  場:レンガヒル・熊本 
〒860-0811 熊本市本荘5丁目10-23 TEL.096-371-6200

主催 依存症問題対策全国会議 利息制限法金利引下実現全国会議 
後援 熊本県 熊本市 熊本県弁護士会 熊本県司法書士会 日本司法書士会連合会 全国クレジット・サラ金問題対策協議会 全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会 全国青年司法書士協議会 

参加費用:弁護士・司法書士1000円(会場費・資料代)一般無料

プ ロ グ ラ ム
1.開会挨拶            依存症対策全国会議 代表 吉田洋一
2.依存症問題に関する実態報告  
3.高金利による被害報告 
4.来賓挨拶
5.特別講演「日本におけるパチンコ産業の現状」
ノンフィクション作家 溝口 敦
6.質疑応答・討論
7.休憩
8.なぜ今利息制限法を問うのか?       聖学院大学教授 柴田武男
9.「利息制限法金利引下げによる銀行収益の変化」
                          司法書士 菊地雅都
10.パネルディスカッション
 コーディネーター 弁護士 長井貴義
 パネラー
  溝口敦・聖学院大学教授 柴田武男・弁護士 茆原正道 吉田洋一
11.決議採択
                     弁護士 及川智志
12.閉会挨拶 利息制限法金利引下実現全国会議 代表 弁護士 茆原正道

|

« 貸金業PTが借り手に配慮した激変緩和措置を検討、借入条件の変更など | トップページ | 熊本シンポジウム「『躓きの石』を取り除き、すべての人が生き易い社会を目指す」決議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/47798621

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本シンポジウム~生活を破壊する依存症に対策を!生活を破壊しない金利水準を目指す!~安心して暮らせる生き易い社会の実現を目指して~生活を破壊する躓きの石を取り除こう~:

« 貸金業PTが借り手に配慮した激変緩和措置を検討、借入条件の変更など | トップページ | 熊本シンポジウム「『躓きの石』を取り除き、すべての人が生き易い社会を目指す」決議 »