« 契約取り消し条件緩和へ 民法改正で法制審 | トップページ | 「貸金業者向けの総合的な監督指針」及び「事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)」の一部改正(案)の公表について »

2010年5月17日 (月)

静岡大学「消費生活と法」

 昨日は、地元静岡大学にて、標記のテーマで非常勤講師を務めさせていただきました。

 私を含めて4名の司法書士によるリレー?式の講義でして、私の他には、宮内豊文司法書士、山田茂樹司法書士、小楠展央司法書士が講師を務めています。

 私の担当部分は、多重債務の分野でありまして、昨日は、「貸金業法」「出資法」「利息制限法」「破産法」といったところを中心に、実際の相談事例から、なるべくイメージしやすいように具体例を交えながらお話をさせていただいた次第。

 果たして理解しやすい説明でありましたでしょうか・・・一抹の不安も残るわけですが、この聴講者の中から司法書士受験を目指す方が出てくれば・・・こんなに嬉しいことはありません。

|

« 契約取り消し条件緩和へ 民法改正で法制審 | トップページ | 「貸金業者向けの総合的な監督指針」及び「事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)」の一部改正(案)の公表について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/48375413

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡大学「消費生活と法」:

« 契約取り消し条件緩和へ 民法改正で法制審 | トップページ | 「貸金業者向けの総合的な監督指針」及び「事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)」の一部改正(案)の公表について »