« 消費者問題ネットワークしずおか 第5期通常総会 | トップページ | 認知症女性へ呉服販売無効、1400万円返還判決…奈良地裁 »

2010年7月10日 (土)

消費者問題ネットワークしずおか 学習講演会

 総会に引き続き、標記講演会であります。

 代表の色川先生のサークル(静岡大学消費生活研究サークル)の皆様による、3つの調査報告がなされました。

1.使える消費者行政のWebページとは

2.使いやすい消費者教育ポータルサイトとは

3.政令指定都市における消費者行政体制の現状と課題

 いずれも、学生の皆様だからこそ・・・の若く新鮮な視点での報告で、大変参考になりました。ありがとうございました。

 特に、司法書士のような専門職は、どうしても思考パターンが固定化し、会員同士でも似通ってきて、新しい発想がなかなか出にくくなってしまう傾向が否定できません。とてもこれは良くないことです。新しく効果的なアイデアを出すには、大学生の皆様との共同作業も面白いかもしれません・・・そんな感想を持ちました。

|

« 消費者問題ネットワークしずおか 第5期通常総会 | トップページ | 認知症女性へ呉服販売無効、1400万円返還判決…奈良地裁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/48834638

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者問題ネットワークしずおか 学習講演会:

« 消費者問題ネットワークしずおか 第5期通常総会 | トップページ | 認知症女性へ呉服販売無効、1400万円返還判決…奈良地裁 »