« 武富士 更生法申請で最終調整 | トップページ | 静岡県司法書士会「武富士の会社更生申立に関する報道を受けて」 »

2010年9月28日 (火)

武富士:更生法申請へ 「困窮につけこむ商売、異常」--宇都宮健児弁護士の話

 ご参考。

 http://mainichi.jp/select/biz/news/20100928ddm002020097000c.html

|

« 武富士 更生法申請で最終調整 | トップページ | 静岡県司法書士会「武富士の会社更生申立に関する報道を受けて」 »

コメント

虚偽は正当な弁護士業務だ !

 日弁連・会長:宇都宮健児は、「虚偽(詐害行為)は正当な弁護士業務だ」と主張(議決)して、懲戒対象弁護士を擁護し、これを撤回せずに、裁判で争っております。

 弁護士を指導・監督する立場にある宇都宮健児のこの行為は、不法行為を教唆するものであり、国民への背任です。

 表向きは、社会正義の実現(弁護士法1条)を強調しながらも、裏陰では、「虚偽(詐害行為)は正当だ」と指導しているのですから.弁護士トラブルが急増するは当然です。
 
 日弁連・会長:宇都宮健児らは、提訴し、勝訴するための「虚偽は正当だ」との理念を抱き、当然のように実践する人間たちだということでしょう。

 そして、組織的な権力を得ている日弁連・会長:宇都宮健児らのこの裏影での卑劣な行為を国民は知ることができず、それをとがめる手段もないのです。

 国民は、日弁連・会長:宇都宮健児らのこの卑劣な事実を知るべきであり、この元凶者たちを排除すべきです。

法曹界に正義はありません。

投稿: 月光 | 2010年12月10日 (金) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/49585165

この記事へのトラックバック一覧です: 武富士:更生法申請へ 「困窮につけこむ商売、異常」--宇都宮健児弁護士の話:

« 武富士 更生法申請で最終調整 | トップページ | 静岡県司法書士会「武富士の会社更生申立に関する報道を受けて」 »