« ヤミ金被害 減少傾向 貸金業法改正から4カ月余 | トップページ | 新生銀、スポンサー選定を手助け 武富士とアドバイザリー契約 »

2010年11月 8日 (月)

静岡県司法書士会「武富士会社更生法Q&A」(再掲)

 日々更新されています。ご参照ください。

 http://shizushihotakefujitaisaku.web.fc2.com/kousei-syomondai.htm

|

« ヤミ金被害 減少傾向 貸金業法改正から4カ月余 | トップページ | 新生銀、スポンサー選定を手助け 武富士とアドバイザリー契約 »

コメント

武富士は銀行系のバックがなかったからこんな事態になったと聞きました。他の同業者が銀行のバックアップがあるから現在も続いていると言うのなら、銀行とは何なんでしょうか?また今回の事態で過払い請求をあてにしていたある家族が希望から絶望になった話を聴きました。貸金業法改正から今回の事態で、ぼくが思うに新しい社会の皮切り、闇金が必ず台頭する事になると思います。そしてそれはこれからの社会からはきっと見えない、、そして見ない世界。グレーゾーン撤廃で富める者と貧しい者の白黒しかないブラックから希望を見出すグレーが無くなった社会になったと思います。本当に困ってる人達は法に頼る知恵も余裕も考えすら知らないのです。そして知っている人達はそれを伝えるツールを知らないのです。

投稿: か ず | 2010年11月 8日 (月) 23時16分


武富士の過払い金が100万近くあって、コツコツ頑張って返して来た老夫婦がアパートで火災を起こし、生活の場を失いました。過払い金が戻ってきたらと僅かな希望に期待した矢先の民事再生法申請、請求したお金はいつ戻ってくるか、、、そもそも戻ってくるのか判らない。その家族は今お腹を空かしているのです。決着が付く頃にはただの「数字」としてしか生きた足跡を残せないのかも知れません。

投稿: か ず 追撃 | 2010年11月 8日 (月) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/49969931

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県司法書士会「武富士会社更生法Q&A」(再掲):

« ヤミ金被害 減少傾向 貸金業法改正から4カ月余 | トップページ | 新生銀、スポンサー選定を手助け 武富士とアドバイザリー契約 »