« 相談減少「一定の効果」 改正貸金業法施行1年 | トップページ | 福島第1原発:大熊町唯一の司法書士 相談員で避難先回る »

2011年6月20日 (月)

「民法等の一部を改正する法律」の成立について

 平成23年5月27日に参議院本会議において、標記法律案が全会一致で可決し、成立しました。同法は虐待から子供を守るため親権制度を見直すもので、平成24年4月に施行される予定です。

 今回の改正では、「親権停止制度の新設」「申立権者の見直し」「親権喪失の要件の見直し」「未成年後見制度の見直し」等がおこなわれております。

 なお、同議案要旨及び提出法律案等並びに同法改正のあらましについては下記のホームページ等に掲載されておりますのでご参照ください。

                         記
参議院(http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/177/iinkai/i0065.htm

法務省(http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00043.html

国立印刷局(http://kanpou.npb.go.jp/20110603/20110603h05568/20110603h055680001f.html

|

« 相談減少「一定の効果」 改正貸金業法施行1年 | トップページ | 福島第1原発:大熊町唯一の司法書士 相談員で避難先回る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/51995652

この記事へのトラックバック一覧です: 「民法等の一部を改正する法律」の成立について:

« 相談減少「一定の効果」 改正貸金業法施行1年 | トップページ | 福島第1原発:大熊町唯一の司法書士 相談員で避難先回る »