« 連帯保証、責任免除に例外 全銀協が大枠 | トップページ | 貸金業界が戦々恐々!?金融庁「再計算」要請 »

2011年7月10日 (日)

静岡県司法書士会平成23年第1回会員研修会

 昨日は、標記研修会であります。

 テーマと講師は・・・

 第一講は、「立会いの執務姿勢」 東京司法書士会 山崎晃先生

 第二講は、「『京都方式』からの決済論」 京都司法書士会 森木田一毅先生

 であります。

 テーマがテーマだけに、会場は会員で満員・・・冷房が・・・

 実は、講師のお二人の先生は、全青司の大先輩。古くから懇意にさせていただいていることもあって、じっくり聞かせていただきました。先生方、お忙しいところありがとうございました。勉強させていただきました。

|

« 連帯保証、責任免除に例外 全銀協が大枠 | トップページ | 貸金業界が戦々恐々!?金融庁「再計算」要請 »

コメント

大先輩って…。ほとんど変わらないぢゃないですか(^-^;
それはともかく、大勢のみなさまにお聴きいただきまして、ありがとうございました。
また、その後も懐かしい皆様と楽しい時間を過ごさせていただいて、とても充実した一日でした。感謝!

投稿: kazu | 2011年7月10日 (日) 17時51分

うーん。四捨五入すれば確かに変わらないですかね(笑
とんでもございません、また次の機会を楽しみにしております。今後ともよろしくお願い致します!

投稿: 小澤 | 2011年7月10日 (日) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/52159738

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県司法書士会平成23年第1回会員研修会:

« 連帯保証、責任免除に例外 全銀協が大枠 | トップページ | 貸金業界が戦々恐々!?金融庁「再計算」要請 »