« 新手のヤミ金に注意 県内、被災者支援装う手口 | トップページ | 日司連主催の消費者問題対応セミナー東日本大震災〜被災者の生活再建に向けて〜2 »

2011年11月 6日 (日)

日司連主催の消費者問題対応セミナー東日本大震災〜被災者の生活再建に向けて〜

 昨日は、福島とんぼ返り。

 標記セミナーに参加です。

 基調講演は、日弁連副会長の新里宏二先生による「二重ローン問題‐個人版私的整理ガイドラインについて」であります。

 このガイドラインのメリットは、いわゆるブラック情報に掲載されないこと、保証人への責任追求が一定程度制限されていること、義捐金・弔慰金・被災者生活再建支援金などの震災による給付金が自由財産になっている点などがあげられます。

 一方、報道されているとおり、対象債務者を過度に限定する(「近い将来=約6箇月」)などの理由から、使い勝手の悪さが指摘されてきました。また、地震保険との調整などの課題も残っているようです。

 このガイドラインを、本当に被災者の約に立つような使い勝手の良い手続きにするために、我々司法書士が出来ること・・・これまた難問です・・・

|

« 新手のヤミ金に注意 県内、被災者支援装う手口 | トップページ | 日司連主催の消費者問題対応セミナー東日本大震災〜被災者の生活再建に向けて〜2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/53167858

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連主催の消費者問題対応セミナー東日本大震災〜被災者の生活再建に向けて〜:

« 新手のヤミ金に注意 県内、被災者支援装う手口 | トップページ | 日司連主催の消費者問題対応セミナー東日本大震災〜被災者の生活再建に向けて〜2 »