« クローズアップ2013:年間自殺、3万人下回る 若者対策は置き去り | トップページ | ヤミ金被害、過去最少 警察庁「口座凍結など奏功」 »

2013年4月 5日 (金)

消滅時効の完成後に債務の一部を弁済しても,債務者が時効援用権を喪失しない(宇都宮簡裁判決)

 当職が被告代理人になった事件が紹介されています。

 内藤さん、ありがとうございます。

 http://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/e613e0f1018cf25aa175b92d288e5959

|

« クローズアップ2013:年間自殺、3万人下回る 若者対策は置き去り | トップページ | ヤミ金被害、過去最少 警察庁「口座凍結など奏功」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/57097318

この記事へのトラックバック一覧です: 消滅時効の完成後に債務の一部を弁済しても,債務者が時効援用権を喪失しない(宇都宮簡裁判決):

« クローズアップ2013:年間自殺、3万人下回る 若者対策は置き去り | トップページ | ヤミ金被害、過去最少 警察庁「口座凍結など奏功」 »