« ”サブリース契約”解除は無効と提訴 | トップページ | 返済不要の奨学金「創設検討を」 文科省有識者会議が提言 »

2014年7月29日 (火)

消費者問題ネットワークしずおかの第9回定期総会と学習会

 昨日は、地元にて、標記に参加です。

 こちらも課題が山積状態となって参りました若手司法書士の皆様と共に頑張りたいと思います。

 学習会は、まず、代表の静岡大学の色川教授から、「大学生向け体系的教材『消費者市民への道』の作成について」。

 意外な盲点ともいえる大学生向けの教材を、そのプロセスの中で、大学生の皆様との意見交換や、試行的授業を行いながら開発したことについての意義についてお話いただきました。全国的にも画期的だとのこと。

 教材開発にかかわった司法書士は、学生さんたちに、相当厳しいダメ出しもいただいたようで、勉強になったことでしょう(^-^;

 このような試行(学生との共同教材開発とその教材を使用した授業)が全国的にも広がることを期待しております。

|

« ”サブリース契約”解除は無効と提訴 | トップページ | 返済不要の奨学金「創設検討を」 文科省有識者会議が提言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/60057648

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者問題ネットワークしずおかの第9回定期総会と学習会:

« ”サブリース契約”解除は無効と提訴 | トップページ | 返済不要の奨学金「創設検討を」 文科省有識者会議が提言 »