« 日本司法書士会連合会第21代会長に三河尻和夫を選出 | トップページ | 「長期にわたる原発事故避難者の住宅等の供与に関する問題を抜本的に解決し、安定した住宅保障を含む長期避難に対応する新たな立法措置を求める意見書」 »

2015年6月27日 (土)

利息制限法金利引下実現全国会議 山形シンポジウム

 奮ってご参加くださいまし!

平成27年7月19日(日)13:30~17:00

一般無料、弁護士・司法書士1000円

会場 山形県弁護士会館 山形市七日町2-7-10 ナナビーンズ8階

プログラム(案)
1.山形の現状について(地元被害報告)タカノボルグループとの闘い 弁護士 五十嵐幸弘
2.基調講演「金利引き下げの必要性」 聖学院大学大学院政治政策学研究科講師 木村裕二
3.「民法改正の問題点」                       弁護士 茆原洋子
4.「私たちの考える上限金利」                    税理士 柴田昌彦
5.パネルディスカッション「私たちの改正利息制限法案」 コーディネーター 聖学院大学教授 柴田武男
 パネラー 外塚功弁護士ほか。

|

« 日本司法書士会連合会第21代会長に三河尻和夫を選出 | トップページ | 「長期にわたる原発事故避難者の住宅等の供与に関する問題を抜本的に解決し、安定した住宅保障を含む長期避難に対応する新たな立法措置を求める意見書」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106839/61810817

この記事へのトラックバック一覧です: 利息制限法金利引下実現全国会議 山形シンポジウム:

« 日本司法書士会連合会第21代会長に三河尻和夫を選出 | トップページ | 「長期にわたる原発事故避難者の住宅等の供与に関する問題を抜本的に解決し、安定した住宅保障を含む長期避難に対応する新たな立法措置を求める意見書」 »